ピアノ修理を業者に依頼するときのコツ【インターネットなどを利用】

Menu

家族の思い出を彩るピアノ

ピアノ

かかりつけ調律師が大事

子どもにピアノを習わせたい。そんな親も多いことでしょう。また、小学校入学のお祝いにピアノをプレゼントしたいという祖父母も多いかもしれません。ピアノはきちんと使用すれば50〜60年は使える楽器ですので、その家庭にとって大切な思い出を彩るものになります。このように長く使うには、定期的なメンテナンスが必要です。それが調律というものです。基本的には1年に1回調律師にピアノを見てもらうことで、長持ちするのです。しかし、突発的な出来事でピアノ修理が必要な状況になることもあります。最も多いのは、鍵盤の戻りが悪くなる(戻らない)ということです。これは湿気による内部部品のさびや、鍵盤の下に何かが挟まったりすることで発生するものです。この場合のピアノ修理費用は2000円前後です。次いで、特定の音が出なくなり、ピアノ修理が必要となる場合があります。ピアノの内部には音を出すためのハンマーがあるのですが、その周辺に不具合が生じている場合い起こる現象です。この場合のピアノ修理費用も1つの音に対し2000円前後のようです。また、弱音ペダルの不具合でピアノ修理が必要な場合もあります。これはピアノ内部のハンマーと弦の間にフェルトを入れることで、音を小さくする機能なのですが、劣化等によりフェルト交換が必要になる場合もあります。その際の費用は1000円前後ということが多いようです。何はともあれ、ピアノを長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必須です。かかりつけ医のように、かかりつけ調律師に我が家のピアノの状態を知ってもらっておくことが大事なことなのです。するとピアノ修理が必要な事態になっても、スムーズに修理をしてもらうことができるのです。

Copyright© 2018 ピアノ修理を業者に依頼するときのコツ【インターネットなどを利用】 All Rights Reserved.